キャンペーン・新着情報

全てを見る

2018/12/22

対立を深めているAppleとQualcomm。

 

両社和解の意思はなく、あくまで裁判で対決する意向を明らかにしています。

 

中国の知的財産裁判所は11月末、Appleが特許を侵害しているというQualcommの主張を認めました。

 

これにより、中国国内でのiPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone 7、iPhone 7Plus、iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone Xの販売を禁止する予備的差し止め命令が下されています。

 

これに対してAppleは特許問題に対応するためにiOS12.2.2をリリースしました。

 

一方Qualcommは、中国ではさらに最新のiPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XRの3台の販売差し止めを申請するとしています。

 

またアメリカにおいても米国貿易委員会が、Qualcommが主張する3件の特許侵害のうち1件の再度見直し、一部iPhoneを輸入禁止にすべきかどうかの再検討をすることを明らかにしています。

 

Qualcommを訴えているのはAppleだけでなく、主要Appleサプライヤー4社も、Qualcommが米独占禁止法のシャーマン法の2条項に違反しているとして提訴しています。

 

この訴訟は、AppleがQualcommへのロイヤルティー支払いを停止、サプライヤーにも支払い停止を指示したのを受け、Qualcommがサプライヤーに支払いを要求する訴訟を起こしたことに対するものです。

 

4社の代理人であるテッド・ボートロス弁護士は、あくまで裁判で決着をつける意向であるような発言をしています。

店舗情報

店舗名 iPhone修理 S イオンモール和歌山店
郵便番号 〒640-8451
住所 和歌山県和歌山市中字楠谷573番地
イオンモール和歌山 2F
電話番号 073-454-6222

店舗紹介

和歌山でのiPhone修理は S にお任せください。南海本線「和歌山大学前駅(ふじと台駅)」駅直結の大型ショッピングセンター「イオンモール和歌山」の2階とアクセス抜群!もちろん駐車場も完備しております。お店のすぐ前にはスターバックスコーヒーがあります。お茶したりショッピングしている間にお修理完了!予約不要ですので突然のiPhoneの故障でも即対応!各種割引もご用意しているのでお得にiPhone修理が出来ます。「iPhoneを落として画面がバキバキに割れてしまった」「液晶パネルのタッチが効かない」「通話中の相手の声が聞こえない」等、データ消えずにお修理可能です。iPhoneの事は当店iPhone修理 S にお任せ下さい

クレジットカード・主要電子マネーOK!

使用可能クレジットカード

iPhone修理 S

PAGE TOP